物が無い

断捨離してものがなくなった

物が無い

今年結婚を機に、京都から実家の富山。そして最終的に旦那さんの家へ。計2回引っ越しを体験しました。
一回目の引っ越しは県をまたぐもので、約10年京都にいたのでクローゼットの中からいらないもののオンパレード。
片付けるのにお母さん、おばを呼んでの大騒動になりました。

 

リサイクル業者も3回くらい呼び出し、いらないものを引き取ってもらったり地道に毎日ゴミ出したり、こまめにリサイクルショップに売ったりしていました。
少しブランド品があったので売ってはみましたが、大した金額にならずガッカリしたのを覚えています。
しかしもう不要品なのでそこはやむなく了承して引き取って貰いましたけど。。
購入する際気をつけなければと思いましたね。

 

そして引っ越しする前日とうとう家から何も無くなった時に何もすることが無く、時間が有り余る程にあり気分もスッキリ。
断捨離のパワーは凄いなと思いましたね。
今新しい部屋で生活を初めて半年経ちますが、早速散らかり放題なので、物は極力買わないようにしてはいますがなかなかこれが難しい。
だから断捨離の本は売れるのだと思います。